お問合せ・ご予約
0545-61-3946

「ホームページを見た」とお伝え下さい

受付時間:
 
8:30~11:30 / 14:00~18:30
※全日予約優先制です
休診日:
土曜午後、日曜、祝日
menu

治るしくみ③

強い刺激と弱い刺激と比べた場合、強い刺激は脳への刺激強度が強く施されたイメージは強く入り強く残る。逆に弱刺激は施された感が弱く何だか何かをした感じが少ない、若しくはない。ところが強い刺激を与えたばっかりに組織に対する刺激が逆効果になっり、あるいは悪化させる事もある。勿論、全ての強刺激が悪いといっている訳ではない。小さな子供がテーブルに頭をぶつけた。お母さんは『あ~あ~よしよし!痛いの痛いの飛んでけ~!』と子供の頭を擦る、軽く撫でる。弱い刺激が痛みを軽減させる。強い刺激と弱い刺激は使い方を間違えると全く逆効果。身体の弱りきった人を軽く撫でる、弱刺激が脳に良いイメージとして入る。間違っても『良くなるよ!』と強い刺激で叩いたりギューギュー押さえたりしない。エレサスは無痛性治療器、最高のイメージを脳に与える。

Pocket

ページ
TOPへ